海の高校

水中学園

高校一年生の夏、不思議な体験をしました。

家から10分ほどのところに、浜辺があり、暇なときにはぼーっと海をみていたり、意味もなく貝殻を拾ったりしていました。

いつものように、貝殻を集めていると、不気味な四角いスイッチが、砂の中から顔を出しました。

何か嫌な予感がして、帰ろうと思ったとき、友達の裕子が遠くから私を呼びました。


「亜樹~なにしてるの?」

「裕子、今帰ろうと思っていたの!」



と言って走りだそうとしたとき、私は、四角いスイッチを踏んでしまいました。

すると、砂浜が大きな渦を巻いて、足元をすくわれ、気が付くと家のベッドで寝ていました。

目を覚ますと、おかしな光景が待っていました。

「亜樹、早く起きなさい。朝よ」


そこにいたのは、巨大なタコでした。

床も濡れているし、慌ててとび起きて外に出ました。

そこに待っていたのは、竜宮城・・ではなく、いつも通っている学校でした。

不思議と変わった様子はありません。

教室の中に入っても、裕子もいるし、みんなも、変わりません。


「授業を始めるぞ~」


先生が入ってきたとおもったら、どう見てもイカです。

イカが授業を始めるといっている・・・。

海辺で遊んでいただけなのに、おかしくなってしまったのか・・・

そう思って途方にくれていました。