動物と遊ぶ少女

森の少女アンナ

小さな森の一軒家に住んでいる女の子がいました。

彼女の名前は「アンナ」です。

アンナは毎日森の動物たちと一緒に遊んで暮らしていました。

そして、また今日もアンナのところに動物がやってきました。

今日やってきたのはウサギの「ラン」です。

「アンナちゃん、おはよう!今日も一緒に遊ぼうよ!」

「うん!」


アンナがドアを開けると、家の前ではぴょんぴょんと飛び跳ねながらアンナを待っていたランの姿がありました。

アンナはさっそくランを迎え入れ、「何して遊ぶ?」と尋ねました。

するとランは「ん~そうだなぁ~。今日は絵本を読みたいなぁ~。」と言いました。

アンナの家には森の中で1番多くの絵本が並ぶ「絵本の棚」があるのです。

「いいよ!案内してあげる!」

アンナはランを連れて、「絵本の棚」がある部屋に連れて行きました。

アンナがドアを開けると、ランは一目散に「絵本の棚」のところまでぴょんぴょんと飛び跳ねて行き、読みたい絵本を探し始めました。

「アンナちゃんの家には、本当にたくさんの絵本があるね!」

ランのその言葉にアンナも嬉しくなりました。

「これにしようっと!」ランはそう言って棚の前にある椅子に腰掛け、絵本を読み始めました。

「アンナちゃんも一緒に読もうよ!」ランにそう声をかけられると、アンナは「うん!」と笑顔で返事をして、ランの元へ走っていきました。