社内で起きた事件

3分の電話

現在、大学生である私は前日一本の電話で命拾いをした。

ある朝私は、自宅を出て学校に向かうため準備をしていた。

私の学校は最寄りの駅から電車で20分の近場である。

私の家から駅まではおよそ徒歩10分だ。そんな近場であるため、遅刻の心配も多く、気が緩むこともあった。


そんなある日

家を出ようとしたまさにその瞬間に自宅の電話が鳴った。

お父さんもお母さんも仕事でいなかったため、いつもであればそのまま出てしまうこともあるが、どういうわけだか直感的に出ることにした。

相手はおばあちゃんだった。

何て事が無いたわいもない会話。
夏休みはこちらへ来るのかなどだ。


その際はおよそ3分であろう。

それを終え私は駅に向かい、来た電車に乗ることにした。

その電話をしたことによる時差はたかだか3分間。

電車一本分の差である。


なんて事も無く、乗り込みイスに座り本を読みしばらく進んだ時のことであった。

車内アナウンスが放送された。

「ただいま前を行く電車内にてトラブルが発生しました。しばらくお待ちください」と緊急停車をした。

その際およそ10分間、アナウンスが再び流れて電車は動き出した。

その後聞いた話では、車内で包丁を持った人間が暴れていたそうだ。

幸い死者こそ出ませんでしたが、負傷者数名。


私も電話が無ければ、被害者の一人になりえたのだ。