ライトセーバーを使いギャングと喧嘩になる

裏組織の輩とガチンコファイト!魔力でステータスが上がった私

私は、とあるギャングに因縁つけられ、その25歳くらいのウルフヘアーで肩にドクロのタトゥーが入った身長170くらいの細身の男に「SNSサイトで俺に喧嘩売ったなあ!キサマ~。ホンモノの裏組織だと君のせいでばれたし、おとしまえつけてもらう!二週間後、K1広島大会ワンマッチで組に動いてもらい試合申し込みしといてやったからな!逃げるなよ。」

SNSサイトで失礼な男、ギャングマンと言う奴にサイトの書き込みから喧嘩になり、私がてめえヤクザかと言ったのが原因で大げんかを売ってしまった私は二週間後にガチンコK1ファイトをすることになった。

しかし、身体能力の高さは高くてもホンモノのリングに上がったことがない私はトレー二ングはするけど途方に暮れてその日を迎えた。

(あ~変な輩に喧嘩売られてもうた。)

そして広島大会スペシャルワンマッチをリングアナがコールする。

ギャングマンはリングインしてウオーミングアップしてる。

私もライトセーバーを片手にリングインしたが、おどおどしている。

そこへ、一人のローブ姿の怪しい男?が現れた。

「ふふふお困りのようだな。」

「何ですか?あなたは?」

私は怪しい男に聞いた。

「ベラミンベラミンステータスオール二倍返しだ!」

何やら、変な呪文を唱えられ、その言葉と審判のラウンドワーンのセリフがほぼ同時だった。

ギャングマンは、いきなりラッシュをしかけてきた。

んん?見える見えてる。

不思議とギャングマンの蹴りやパンチがスローに見えた。

そこへ私が渾身の拳とライトセーバーを出そうとしたら、まさかまさかの「昇龍拳」が発動しなんとギャングマンを秒殺KOした。

喜びに浸っていたら私は目を覚ました。

「なんだあ~夢かあ~!」